宮島恵里香は芸能プロダクションを運営

宮島恵里香は芸能プロダクションを運営している

芸能プロダクションの女性社長

私は舞台をみるのは好きなので、ミュージカルの役者さんとかが多く所属している、芸能プロダクション「メインキャスト」についてネットでみていたんです。そうしたら、社長が宮島恵里香さんという人で、女性だったのでちょっとびっくりしました。芸能事務所の女性社長というと、たしか外国人タレントをかかえる事務所のトップが女性で、けっこうTVなどにも顔が出て有名ですよね。その他にも、小さいプロダクションなら女性社長もけっこういるかもしれません。でもやっぱり、大手のプロダクションは年輩の男性が社長ということが多いみたいです。「メインキャスト」というところは、ホームページを見てもかなり手広くやっていることがわかります。所属タレントの出演情報なんかをみても、メジャーな作品がめじろおし。もちろん、男性スタッフの力にも支えられながらのことなんでしょうけれど、これほどのプロダクションを女性社長としてしきっている、宮島恵里香さんには興味をひかれました。芸能界は一筋縄ではいかないでしょうから、きっと今まで山あり谷あり、いろんな体験をくぐり抜けてきたことでしょう。そういう話もきいてみたいけど、どこかでドキュメンタリー番組でもやってくれないでしょうか?

女性が社長なのである種の安心感が

私はミュージカルを、生でみたり映像でみたりするのがけっこう好きです。ですから、舞台のオーディションを受ける人の話をネットでみかけたりすると、興味津々でみてしまいます。この前もオーディションを受けた人の話がブログに載っていましたが、芸能事務所「メインキャスト」は、宮島恵里香さんという女の方が社長なので、なんだか安心感があった、という話でした。なるほど、未成年の娘が芸能界を目指していたりすると、喜んで応援する親も多いでしょうが、その反面、心配も多いのではないでしょうか。たとえば、女性ばかりの劇団の受験生の話をきくと、「親は芸能界に入ることにはじめは反対していましたが、女性ばかりの劇団ならば、まあ受けてもいいと、しぶしぶ承知してくれました」という人がけっこういました。それと同じような意味で、「メインキャスト」という事務所なら、社長が宮島恵里香さんという女性だから、若い娘にあやしい仕事はさせないんじゃないだろうか」という印象があるかもしれませんね。まあ実際世の中で、女性がトップに立っている組織でも、あやしいところがないとはいえないか…と思いますが。でも「女性社長のオーディションなら、リラックスしてのぞめる」という、ある種の安心感は、たしかにあるでしょうね。